管内RCインターシティミーティングLIVE
 Etsuパパからオファーがあり、管内RCの会合のアトラクションとして出演することになりました。

一昨年、ふれあいプラザでもRCの集まりでLiveをやりましたが、今回はちょっと違う団体です。
RCRRojinではなくRotaryです。

いずれにしても年齢層は高いだろうし、日高管内全域の会合とのことで、地元開催とはいえ、
かなりアウェーな雰囲気になることを予想していました。
 
会場の活性化センター入口付近に停まっている車や、下駄箱に入っているビカビカの革靴から
なんともVIPな雰囲気が…ピカピカ

前回とはまた違う「場違い感」に、いまいちテンションが上がらず、気後れしながらの会場入りショボン
 
控え室には、これまた豪勢な弁当がびっくり
でもさすがにLIVE前に全部は食べれません弁当
 

最初のMCを終え、1曲目の前奏を終えた頃でしょうか…
たいへんな事に気付いてしまったのですショック
 
3曲目で使うカポタストを控え室に忘れてきたことを汗
 
そこからはもうプチパニックですよ混乱
自分のパートもかなりメロメロになりながら、対策を考えました一休さん
 
人差し指をカポにしながら弾くか。いや無理だ。それが出きるんなら最初からカポなんかいらんわ。
 
曲間に「ちょっと待って下さい!」って言って、走って控え室に戻るか。
よし、その間はYukariちゃんに間をつないでもらおうマイク
いや、そんなことをして今日を最後にやめられても困る怒り
 
ぴかっそうだ!nomuさんに頼もう。
必死に手招きをして頼んだけど、結局Yasuに貸してもらえたので、こと無きを得ました。
 
しかし、これが最後まで尾を引きました。
自分の演奏がどうだったかは言うまでもありませんどくろ
 
確か一昨年の軽音楽祭もステージ脇にカポを取りに戻ったので、これが2回目。
ごめんなさい涙もうカポは使いません。
次「涙そうそう」やるときはシンセで2音半キーを上げてプリセットしておきます上向き
 
何だか自分の話ばっかりになってしまいましたが、お客さんの反応は総じて良かったような気がします。
予想していたよりちゃんと見て(聴いて)くれていたように感じました。
「アンコール」の声がかかるのは予定通りでしたが、手拍子でのアンコールには結構感激しました拍手拍手
10年以上やってて、初めてのことです。
 
いろいろありましたが、とにかく無事終わってホッとしました安心
 
第3期MKDは始まったばかりです。
次の浦河ライブに向けまたよろしくお願いします。
 
SET LIST
1  カントリーロード
2  楓
3  涙そうそう
4  負けないで
5  LET IT GO(アンコール)
カテゴリ:ステージ | comments(0) | trackbacks(0)
2014軽音楽祭プログラム


(さかのぼり記事Part2)

今までにない試みとして今年はこのチラシを新聞折り込みに入れてもらいました。
誰がどんなことをやっているのか少しでも知ってもらえたらと思い、試験的にやって
みましたが、文団協の反省会等でも「あれは良かった」という声が出ていました。
これのおかげで集客力が上がったということにはなりませんでしたが、しばらく続け
たいと思っています。
 
カテゴリ:ステージ | comments(2) | trackbacks(0)
2014軽音楽祭ポスター

 (さかのぼり記事Part1)

あえて記事にするほどのポスターでもないんですが、個人的な記録用としてUPしました。

ホントに今年はノーアイデアでした。 制作時間は1時間もかかってないかもしれません。


 
カテゴリ:ステージ | comments(0) | trackbacks(0)
2013軽音楽祭プログラム
カテゴリ:ステージ | comments(0) | trackbacks(0)
敬老会LIVE
MKDにとって2013年の初ステージ「三石地区敬老会LIVE」終了しました。

オファーがあったのが8月末、「2ヶ月あれば何とかなるかな?」と
思いましたが、やっぱりきつかったですね。

前半はNHK朝ドラのテーマソング3曲、中間にゲストボーカルnaoちゃんの
「涙そうそう」、後半は昭和の歌謡曲3曲という構成でしたが、うち5曲が新曲という
無謀さ。

ピアノやベースはギターのように適当にコードだけ弾くわけにもいかないので
結構負担が大きかったと思います。



SET LIST
1 あまちゃん
2 いちばん近くに
3 ありがとう
4 涙そうそう
5 聖母たちのララバイ
6 秋桜
7 恋のバカンス


とても多くの老人の方に聴いていただきましたが・・・
どのような感想を持たれたでしょうかね?

手伝いの男性の方からは「ちょっと音でかいな」なんて
声も聞こえていましたが、MKD控え室にびっちり入りびたって
毒を吐きまくっていたN村K吉氏からは「よかったぞ。歌も
うまかったな。」と、最後はフォローの言葉もありました。

新曲の仕上がりについてはnomu氏からも、「この短い間で
あれだけ出来れば、まぁまぁじゃないか?」と、予想していた
お叱りの言葉はありませんでしたが・・・

とにかく、始動が遅すぎたのが一番の反省点なのは自分でも
わかっています。

そのしわ寄せは来月の軽音楽祭にも及んでしまい、メンバーの
皆さんには最後まで慌ただしい思いをさせてしまい、本当に
申し訳なく思っています。

去年は家のことやら何やらで、それどころじゃ無かったなんて
言い訳をしてしまいましたが、今年は言い訳することが出来ません。

先日行われた軽音楽祭の代表者会議で「町民センターが出来るまで
続けましょう!」という話をしたのですが、自分自身のモチベーション
がいつまで続くのか、かなり心配です。

軽音楽祭本番まであとわずかとなりましたが、メンバーの皆さんそして
出演者の皆さん、一緒に盛り上がってイベントを終えることが出来ればと
思っております。皆さんよろしくお願いします。

 
カテゴリ:ステージ | comments(0) | trackbacks(0)
2013軽音楽祭ポスター

なんだか呑気にしているうちに軽音楽祭まで1ヶ月を切ってしまいました

いつもこの時期に頭を悩ますのがポスター作り

あえて毎回説明はしていませんが毎年何かしらのパロディ(パク○?)なんですよね。

ほとんど思い付きで、半分楽しみながら作っているので、頭を悩ますと言うほど苦にはしてないのですが、今年はどうにも良いネタが無くて…

 

とりあえずネタ探しでネット検索

小さな町の小さなイベントなので僕の頭に著作権の3文字はありません。

過去のポスターを見ると、著作権的に完全なアウトもあればグレーなのもありで

 

去年のはRocksmithというゲームソフトのパッケージ写真を参考(?)にしたのですが、写真はyasuのギターを使っているので、かろうじてセーフでしょうか?

 

今年のは大してひねりもなく、拾ってきた写真をそのまま使っているのでこれもアウツかもしれませんがロゲ会長からクレームが来ることは無いでしょう。

出演団体は、現段階で決まっている4組のみ載せました。
もう一組エントリーがあるのですがバンド名が決まってないらしく

 

中高生バンドはゼロということになるかもしれません

そうなると集客的にはかなりヤバいですよ

 

今年は各団体に「いつも以上のPRをお願いしようと思います。

もちろんMKDメンバーもですよ
カテゴリ:ステージ | comments(1) | trackbacks(0)
CRAZY7(& MKD)X'mas LIVE 終了!
開催まで紆余曲折ありましたが、娘達とのジョイントLive何とか開催する事が出来ました。

なんと言っても今回一番焦ったのが、開催1週間前なのに会場を借りる手配をしていなかったこと。これはホント焦りましたね。

CRAZY7側にイベント運営のノウハウが無いのは分かっていたのですが、町にサークル活動
の届出はしていると聞いていたし、日時を決めたのもCRAZY7主導ですからねぇ・・・
その辺は大丈夫だろうと、完全に安心しきっちゃってました。

ということは、集客面もやばいんじゃないかと思って先方の打ち合わせ会議に行ったところ
やっぱりその辺の段取りも十分じゃなかったので、これまでのMKDの失敗なども話して集客の難しさを伝えては来たのですが・・・


心配していた通り、開演時間が間近に迫っても客足はやや鈍かったのですが、そこはやはり中学生の強みというか子供達がそこそこ来てくれて、第1回軽音楽祭の悪夢は再現されずに済みました。

ただ、とても残念だったことがひとつ・・・
メンバーに中3が4人もいるのに、今回客として会場に来た3年生は僅か2人。
しかも、うち一人はウチの息子で、もう一人も男の子。同級生の女の子はゼロ。先生もゼロ。

なぜなんでしょうね。
これはホントに残念でしょうがありません。

「でも、軽音楽祭だって自分達の職場の人全然来てないでしょ?」とウチの奥さんに言われると僕も返す言葉も無いんですが、僕達の職場にもいろいろ事情があるように、彼女達の関係にもいろいろあるんでしょうね。

SET LIST
1st STAGE
① 異邦人
② 亜麻色の髪の乙女
③ やさしくなりたい
④ ら・ら・ら
2nd STAGE
① ヘビーローテーション
② イチブトゼンブ
③ フレンズ
④ M
⑤ 負けないで
アンコール〜 あゝ無情
LAST STAGE
① Happy X'mas

演奏曲目、若干の変更がありました。
「あゝ無情」、無茶振りしちゃってすみません。
でも、なんとかなるもんですね。
何年か振りにやる曲なのに、yasuはギターソロとかちゃんと覚えてて
ホント凄いなって思います。

僕はと言うと、
「もういい加減間違えるなよ」って思うくらい
何度もやってる「異邦人」の出だしを間違え、
とっても心配だった「亜麻色…」の出だしをやっぱり間違え、
滅多に間違えない「ヘビロテ」の出だしも間違え、
「M」のコーラスも間違え、
ホント凹みました。

2013年こそノーミスを目指します。
もう2度と間違えません!             なんてね…

mixernomu様
今回、仕事が入っていたにもかかわらずご協力いただきありがとうございました。

MKDメンバーの皆様
2013年も無茶振りするかもしれませんが、またよろしくお願いします。


カテゴリ:ステージ | comments(0) | trackbacks(0)
CRAZY7 X'mas LIVE



今月の町広報誌の表紙を飾ったアノCRAZY7とジョイントLiveをすることになりました。

でも、手作り感満載のポスター(ちらし?)のタイトルは「Crazy7 X'mas LIVE」に…

まぁ今回の主役は娘達で、MKDは脇役なので良しとしましょ

SET LIST

1st STAGE

① 異邦人
② 亜麻色の髪の乙女
③ やさしくなりたい
④ ら・ら・ら
⑤ ヘビーローテーション

2nd STAGE

① イチブトゼンブ
② フレンズ
③ SOMEDAY
④ M
⑤ 負けないで

LAST STAGE

① Happy X'mas

掲載するのが遅くなりました。
↓これがPro君撮影のCrazy7が表紙を飾った町広報12月号です。
撮影センスは微妙ですが、素材の良さがそれをカバーしてくれていますねぇ
カテゴリ:ステージ | comments(2) | trackbacks(0)
2012軽音楽祭終了!

2012軽音楽祭無事終了しました。

お客さんも結構来てくれて、とりあえずホッとしました。

 1組目のバンドの演奏曲目が2曲と言うこともあり、その分開演時間を10分遅らせました。開演30分前の客足はかなり鈍く、ちょっとだけ不安がよぎりましたが次第に客席も埋まり始め、開演の6時10分には客席の7割位は埋まっていたように見えました。

1組目の「しえる」。

結構緊張気味でしたね〜。

1曲目の「皆無」は、先日娘をONE OK ROCKのコンサートに連れて行くときに車の中で何度も聴いて好きになった曲なので個人的にすごく楽しめました。


2番目に登場した阿部卓馬さん。

今年で3回目の登場になります。先に静内バンド祭りからのオファーがあったようなのですが、そちらを断って軽音楽祭に出演してくれました。本当にありがとうございます。

演奏曲目は「もっと強くなりたい」、「思い出すのは…」、「will」、「ステップ・バイ・ステップ」の4曲。「思い出すのは…」はご自身の三石小学校の思い出をテーマにした曲なので、この軽音楽祭では毎回聴かせてくれています。

地元の人達にもかなりなじんできたんじゃないでしょうか。


3番目は「三石ベンチャーズ」

予定曲数は8曲でしたが、1曲削って7曲の演奏でした。1組当たりの割り当て時間については、過去に随分と物議をかもした経緯があります。

アマチュアの人にとっては数少ないお披露目の機会ですし、もう少し時間が欲しいという気持ちは本当によく分かるのですが、1組あたりの時間を長くすると、見に来た人は好きな団体だけ見て帰るという傾向が強くなってしまいます。

最初に来たお客さんは最後まで見ていって欲しいので、全体の尺を考慮して、今回も1組20分で各団体に協力をお願いしました。

それを踏まえての判断かもしれません。ご協力に感謝します。


ここで本山会長からの挨拶。

今回は来場者にクイズを考えてきていただき更に景品まで用意していただきました。

一昨年の来場者が少なかったことをとても気にされていたようで今回もいたるところで宣伝に力を入れてくださいました。

今年は個人的にいろいろ忙しいことが重なって、今回の開催は精神的にも負担に感じてしまい、正直言って心も折れ気味で「あぁこの先いつまで続けられるかな…」って思う部分もあったんですが、それを察しているかのように開演前に運営面の苦労をねぎらってくれました。本当にいつもありがとうございます。


4番目、「CRAZY 7」中学生の女子バンド。

今回の目玉といってもいいでしょう。

衣装はもちろん髪型から靴まで完璧にキメてくれました。

気がつけば場内は満員状態、やっぱ子供たちの集客力は凄いです。

これまで各地のお祭りや学校祭のステージを経験しているので初舞台で無いとは言え、随分落ち着いているように見えました。特にボーカルの袈蓮ちゃん、最後の曲では観客に

みんな立って下さい。そしてサビは手を挙げて回してください」って。

よく言ったねぇ〜

お客さんもそれに答えてほとんどの人が立ち上がって手を挙げてました。

間違いなくこの日一番盛り上がった場面だったと思います。


5番目、「A.O.B

いつものことですが演奏レベルの高さは群を抜いています。このバンドの選曲は毎年マニアックなんですが、僕も割りとマニアックな曲を聴くのでいつも1曲位は知ってる曲があるんですが、今回は全部知らない曲でした。SGのダブルネックを見た時には「ホテル・カリフォルニア」か「天国への階段」を想像しましたけど、リハで冗談で弾いただけでしたね。


そして最後「MKD」、

毎度言うように決してトリにふさわしいバンドではありません。

最後の曲は中学生の集客力に頼っての「ヘビー・ローテーション」、今回はいつも以上にイロモノ的な内容になってしまい、また「ポリシーが無い」と言う声も聞こえてきそうですが、メンバーみんなが納得して楽しんでやっているので何と言われようと全然平気です。

ポリシーが無いのがポリシーですからMKD

本番前かなり緊張した表情をみせていたmamiさん、久々のステージとなったetsuさん、

いつも通りのパフォーマンスを見せてくれて、僕がいつも通りミスした以外は大きなトラブルも無く・・・

いや、まさかのトラブルがありました

Pro君がMKD加入以来、最大の見せ場であった「やさしくなりたい」の後半のソロですが、曲の中盤でなんだかフレーズがおかしいので、ふと左側を見ると切れた弦をぶらさげて呆然としている顔が

これはもう笑うしか無かったです。

MKD最後の「ヘビー・ローテーション」。CRAZY の可愛い衣装はこの曲のためにあつらえたかのようで、歌も踊りも期待以上のパフォーマンスを見せてくれました。

 

最後の最後は阿部さんの太陽の瞳

ラストの企画はこれまで「ヘイ・ジュード」、「レット・イット・ビー」、「ハッピー・クリスマス」、「太陽の瞳」とやってきました。出演者全員というのは無理ですが、それぞれのバンドから最低1人は参加できるような企画があればいいんですが。

今後に向けて考えて行きたいと思います。

太陽の瞳」も締めを飾るのにふさわしい爽やかな曲だと思います。

ただこの曲、今製作中の阿部さんのニューアルバムには入る予定が無いとか。開演前、受付で売っていた阿部さんのCDに「太陽の瞳」は入ってないの?と聞いてきた女性がいたので、「次のアルバムに入ります!」と勝手に答えてしまいました。ゴメンナサイ。

 

今回の軽音楽祭、僕の準備不足でメンバーの皆さんには迷惑をかけた部分も多かったと思いますが、おかげさまで何とか無事終えることができました。

来年は、tomopro君の子供たちのバンドが本格始動すると聞いています。

運営についてはちょっとマンネリ気味なので、全体的な構成というか、段取り等について各団体の意見をもう少し聞くことが出来ればと思っています。

今回、頼んでいた司会の人が急遽、都合が悪くなったため突然のムチャ振りを快諾してくれた司会のmariさん、たいへんお疲れ様でした。次回は本人に当てるライトも用意しますのでまたよろしくお願いします。ありがとうございました。

そしていつもお世話になっているmixernomuさん。ステージ上から紹介をしなければと思いながらいつも忘れてしまいます。次は忘れません。お礼がラーメン一杯だけで本当にすみません。また次もよろしくお願いします。

 

最後にMKDメンバーの皆さん。

二日間に渡りたいへんお疲れ様でした。

また次よろしくお願いします

カテゴリ:ステージ | comments(2) | trackbacks(0)
<< | 2/13PAGES | >>