マイケルシェンカーフェスト

 人間ドックで札幌に行ったついでにマイケル・シェンカーを見てきました。

ついでですよ、つ・い・で。

 

行くか行かないか、直前まで迷ったんです。

迷った理由は、まずチケットがそこそこお高いことと、1階がスタンディングということ。

さすがに最初から最後までスタンディングは疲れそう。

それとMSGを良く聴いていたのは前期だけなので、中期〜後期の曲は全然知らないんです。

 

とりあえず「当日券有り」のネット情報を信じて、開場1時間前くらいに会場まで行ってみました。

そしたら、その段階で周辺はすごい人でごった返してる。

おいおいおい、マイケル・シェンカーって今もそんなに人気あるのかびっくり

しかもおじさんおばさんばっかりだぞ。

お、俺もか汗

 

 「こりゃ当日券どころじゃないな」と思ったんですが、一応窓口に行ってみると、

なんとネットでは早々にSOLD OUTしていた2階指定席が空いていると。

 お値段は1階スタンディングより更にお高い12,500円!

「う〜ん・・・ドリンク代を入れて13,000円・・・。」

でもMSG歴代ボーカリストが3人揃うマイケルシェンカーフェストですから

ここで帰ったら後で後悔すると思って、2階席にしちゃいましたよ  悲しい

中に入ってみて、大枚はたいてやっぱ正解、ステージ全景が見える〜。

会場内は30年前のBOYSGIRLSでびっちり。

開演はほぼ時間通り19時。

オープニングの「In to the Arina」が始まった途端、もうチキン肌スタンドアップ(古っ)

痺れました!

 

一人目のボーカルはゲイリー・バーデンさん。

さすがに高音はキツいかな、でも頑張ってました。

一番聴きたかったCry for the nations をやんなかったのは残念。

 

2人目はあのレインボーの2代目ボーカリスト、グラハム・ボネットさん。

?、思ってたより小さい。なんだかあんまりオーラも無いなぁ。

でも生のグラハム・ボネットが見れるのは嬉しいわ〜。

 

3人目はロビン・マッコーリーさん。

この人の曲が一番わかんない、でも歌は一番うまい。

 

Captain Nemoも聴けた。

最後はUFO時代の名曲を3曲やって終了。

(LIGHTS OUTやってくれたら最高だったんだけど)

 

正直言って今の時代じゃ、残念ながら彼は超絶テクニシャンとは呼べないかもしれません。

彼より巧いギタリストは山程います。

でも彼ほどかっこ良いギタリストはそうそういません。

世界一フライングVが似合うギタリストです。

やっぱり行ってよかったー。

 

  1. Into the Arena

  2. Attack of the Mad Axeman   (with Gary Barden) 

  3. Victim of Illusion   (with Gary Barden) 

  4.  Let Sleeping Dogs Lie    (with Gary Barden)  

  5.  Armed and Ready    (with Gary Barden)

  6.  Coast to Coast   (Scorpions song)  

  7.  Broken Promises   (with Graham Bonnet)

  8.  Assault Attack   (with Graham Bonnet)

  9.  Desert Song     (with Graham Bonnet)

 10.  Dancer   (with Graham Bonnet) ( McAuley/Barden singing backup)

 11.  Captain Nemo

 12.  This Is My Heart   (with Robin McAuley)

 13.  Save Yourself    (with Robin McAuley) 

 14.  Love is Not a Game   (with Robin McAuley)

 15.  Shoot Shoot  (UFO song)   (with Robin McAuley)

 16.  Doctor Doctor  (UFO song)   (with Robin McAuley) 

 17.  Rock Bottom  (UFO song)   (with McAuley/Barden/ Bonnet)

 

おしマイケル 

カテゴリ:日記 | comments(2) | trackbacks(0)
LIVE in ・・・

隣町に出来たカフェ?スナック?(あえて店名は伏せます)でのライブです。

出演団体は前回も一緒にやった「リバース」と若手バンド「After Glow

そして「MKD」の3団体。

前回の宝島同様、お客さんのノリはとても良くライブ自体は盛況でしたが

運営側の対応がちょっと残念な感じでした。

同じ条件なら、もうここでライブをやることは無いと思いますが、

「リバース」、「After Glow」とは良い関係を続けて行きたいです。

【SET LIST】

1 Friends

2 異邦人

3 365日の紙飛行機

4 木枯らしに抱かれて

5 Rolling Star

6 夢見る少女じゃいられない

7 My Sweet Darlin'

8 あゝ無情

  アンコール

9 何度でも

カテゴリ:ステージ | comments(2) | trackbacks(0)
静内川左岸らいぶ

JUGEMテーマ:音楽

こんにちは。 当初予定していた静内川左岸ライブは連日の雨天により、

開催場所が、静内公民館へと変更になりました。 ので、お知らせします。

 

ザンネン ザンネン

カテゴリ:雑談 | comments(0) | trackbacks(0)
静内左岸 ライブ

JUGEMテーマ:音楽

 

さて、今年も野外ライブの季節になりました。

静内川左岸の2回目の と思ってましたが、Dr.Kグループに先を越されてしまいましたが、サウンドクリエイト主催の

ライブ(8月21日)のご紹介です。 ポスターができましたので貼らせていただきます。

カテゴリ:雑談 | comments(2) | trackbacks(0)
Dr.K ROCK FESTIVAL 2016

今年上半期、全く活動していないMKD久々のステージとなりました。

場所は静内川左岸特設ステージ、2011年の「Live in JAみついし」以来、

野外Liveは5年ぶりになります。

このイベント自体は今年で2回目の開催となりますが、昨年は静内温泉の奥の

キャンプ場で開催されており、前回MKDは出演しませんでした。

 

今年の出演者はMKD含め10団体、去年に続き元チューリップの姫野氏、

和製ジョン・レノンRicky氏、THE TON-UP MOTERSギターの井上氏等のプロ

ミュージシャンとの共演です。

 

本番当日は前日と打って変わっての曇り空、予報では夕方から雨が降るとか。

何とかイベントが終わるまで持ってくれればという願いもむなしく、MKDの前

のアベタク君がちょうど終わる頃、ついに降り出してしまいました。

 

アベタク君までのステージである程度お客さんもいい雰囲気になっていたし、

ステージ前方にいた三石勢も何となく盛り上げてくれそうな雰囲気だったのです

が、この雨で一気に雰囲気が変わっちゃいました。

始める前に会場見渡したら、すんごくお寒い感じになっちゃってショック そりゃないよ〜エル

 

SET LIST

 

数字 Rolling Star

数字 夢見る少女じゃいられない

数字 365日の紙飛行機

数字 

数字 シーソーゲーム

数字 木枯らしに抱かれて

数字 何度でも

 

結局、大振りになることはありませんでしたが雨は最後まで降ってましたね。

後半はDr.Kのバンドやプロミュージシャンが登場することもあって、お客さんは

そこそこいたように思います。

 

歳のせいか、前日準備と今朝の8時から会場に来ていた疲れがボチボチ出始めた

ので途中は車の中でぐったりしてましたが、他のバンドの演奏が聞こえてくると

やっぱり見に行きたくなっちゃいますね。

 

イーグルスの「駆け足の人生- Life in the Fast Lane」、Jeff Beckの「El Becko」、

TOTOの「Hold The Line」等々懐かしいわ〜。

 

考えてみたら今回のイベントに出演した人の平均年齢って、かなり高いんじゃない

かな。MKDの同級生4人よりも上の世代が結構いたような気がします。

そんな年代が、あれだけ集まれば運営する側はいろいろ大変だったでしょうね。

 

ただ、あの規模の野外ライブをやるならもうちょっとスタッフがいないときついです。

正直言うと天候の影響や、段取りや音作りのやりやすさ等々考えると、」屋内のほうが

良いような気がしますね〜

 

僕らは今回初参加で、何のノウハウも無いし、意見も言えなかったのですが、一緒に

良いイベントを作って行きたいという気持ちは同じですので、来年も協力させて

もらいたいと思ってます。出演者の皆様、運営に携わった皆様、大変お疲れ様でした。

 

そして今回また助っ人していただいたYukikoさん、MKDメンバーのみなさん、本当に

お疲れ様でした。来月のLiveに向けがんばって行きましょう!

カテゴリ:ステージ | comments(3) | trackbacks(0)
プレクトラムアンサンブル
「プレクトラムアンサンブル」
聞き慣れない言葉かもしれません。
 
僕も言葉の由来はよく分からないので、どういう意味なのかwikiで調べてみると、
マンドリンオーケストラの団体名で使われる名称のようです。

 
「小樽商科大学プレクトラム・アンサンブル」

昨年、次女の入学式に行ったとき、会場内で生演奏を披露してくれ、とても心が癒やされました。
僕は大学には行ってません(行けません?)でしたが、もし行っていたらこんなサークルに
入りたかったなぁなんて妄想してしまいました。


でも、ふと思い出してみると我が母校の静内高校にも確かマンドリン部があったんですよ。
当時の自分はロック一辺倒で、マンドリンには全く興味が無かったので、
今この歳になったからそんな風に思うんでしょうね。

 
Wiki情報によるとマンドリンという楽器が流行ったのは1960年代から80年代位の間らしく、
それ以降はかなり楽器人口が減ったようです。

 
しかし、我が町には50年の歴史を誇る、マンドリン団体があるのです。

「静内プレクトラムアンサンブル」
 
50年ですよ。
それに比べたらMKDの10年なんてまだまだアマちゃんです。
何年か前に三石福祉センターで文団協の交流パーティーがあったときに、一度拝見しましたが
さすがに歴史ある団体らしく、メンバーはどちらかというと爺、いやお兄様・お姉様達です。

 
構成する楽器の中にはクラシックギターの方々もいて、同じギター弾きからすると
歳を取っても現役で活躍しているのがちょっと羨ましく思いました。

お姉様方の中には静高マンドリン部OGの方もおられるのでしょうかね。
 
前振りが長くなってしまいました。
今回買ったギターを紹介します。


Godin Multiac Nylon SA(Y!オク中古購入)

いつかは手に入れたいと思っていたエレガットです。
ボディ(トップ)はアコギと同じスプルース材のナチュラルフィニッシュ。
チェンバー(中空)構造なのでビックリするくらい生音も良く鳴ります。
この歳にして初めてのナイロン弦にかなり戸惑っていますが、なかなか新鮮な感じです。
 
もちろんクラシックギターの経験は全くありませんので、弦の張り方すら分かりません。
右手の使い方も鉄弦とは全然違います。

まあ、もともと鉄弦のフィンガーピッキングもたいして出来ないですからね。
頑張って練習しますよ。
いつか皆さんに「アルハンブラの思い出」でも聴かせましょう。
 
そして最後に特筆すべき点が一点。
ギターシンセにつなぐGRアウトが付いています。

安心してください!
自分のポジションは見失ってませんよ。
カテゴリ:楽器・機材 | comments(5) | trackbacks(0)
2015軽音楽祭 終了!
今回で9回目の開催となる軽音楽祭
毎年出演しているAOBと去年出演してくれたCORE PRIDEが今回出演することが出来ず、代わりに
三石中のLOWRYSが加わり、全部で5組の共演となりました。

今回はミキサーのnomu氏が本番前日に結婚式が入っていたため、会場準備は前々日から行うことに
なりました。
前日のセッティング&MKDリハーサルにはnomu氏が代表を務めるサウンドクリエイトから2名の方
が応援に来ていただいたので、順調に段取りを進めることが出来ました。

本番当日のリハーサルは13時30分からだったのですが、いつもの通りkajaは午前10時に会場入り
し、一人瞑想にふけっていたようです。

MKDが14時半頃にリハーサルを終え、あとの4団体がリハーサルを行うわけですが…
ここには具体的に書けませんけど、毎年この時間が一番疲れるんです。

ただ今年は全部で5組ということもあり、時間的には少し余裕があって、開演1時間前にはすべての
バンドの音出しが終了していました。今までだと、リハーサルが終わらないうちにお客さんが入り始
めるってこともしょっちゅうありましたから。

開演30分前。
例年この時間帯の客足は鈍く、今年も同じような感じでしたが、中学生が出演することもあってその
身内らしき人が結構いたようです。
そして中学生バンドだけじゃなく、MKDの身内もHG母、妻、長女、次女、長男、妻の父母、
kaja父母、奥さん、tomo父母、etsuさん母…、まだいたかな?
開演時の2割くらいのお客さんはメンバーの身内だったのかも。

18時を少し過ぎてもパラパラとお客さんが入ってきていたのであともう少し、待ちたかったところ
ですが、あまり自分達に甘くするわけにもいかないので、丁度5分過ぎた頃に開始としました。

1,MKD
第1回目以来のトップバッターです。
リハ終了時のまま、機材がステージ上にセットしてあったので、気持ち的にはちょっと楽でした。



左の3人、見事に色調がカブってしまいました。 と言うか、衣装が総じて地味。
軽音楽祭!、祭ですよ、衣装はもっと華やかにしないと。

初めて町の芸能発表会に出たpro君のようなチャレンジャー精神が必要です。

あれ?壁に同化しちゃってる。っていうか、pro君以外みんな普通。

結成当初、冗談半分で「次のLiveの衣装は全員タンクトップ!」ってメールしたら、意外にも
みんなノってくれたこともありました。

でも、さすがに50男の体型でこれはもう無理。
って、ちょっと話が脱線しすぎちゃいました。

肝心のステージですが、、、
総じて良い内容だったと思います。
時間が進むにつれお客さんも増えたような感じがしました。

そして、今回のテーマである「pro君の存在感を際立たせる」という目的が存分に発揮されました。
去年に引き続き、どの曲もMKDの定番曲となり得るクオリティーだと思います。

Yukariちゃんは、自分から「この曲歌いたい!」というアピールをほとんどしませんが、こちら
から提案した曲はどの曲も歌いこなしていて、ホント凄いです。去年のLET IT GOなんかは、
このまま演奏する場面がなくなるのはちょっともったいないと思うんですけどね〜。

ずっと前からmonu氏に言われていたのですが、去年の曲も含め、弾き方を忘れてしまわないうちに
レコーディングをしたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします。

2.TASHIRO Garden's

こんなこと言うのは失礼なんですが、去年のボーカリストのインパクトがあまりにも強すぎて、
「彼は今年は出れない。」って聞いてちょっとがっかりしてしまいました。
ただ、もともとは3人でやってたバンドなので、楽曲のクオリティーは申し分なく、安定のLive
でしたね。
ギターのTashiro君、衣装はおもしろいんですが、外でやったら完全にス○ーカーに間違われて
職質される可能性大です。

3. LOWRYS

今回の目玉です。
軽音楽祭を始めたばかりの頃は、学生バンドは前半にやってもらっていたのですが、何度かやる
内にそれがとんでもない間違いであることに気付きました。中高生の集客力は凄いのです。
そして彼らが終わったあとは、潮が引いていくようにお客さんがいなくなるのです。

今回は5組のうちの丁度真ん中にやってもらいました。
本音を言うと最後にやってもらいたいのですが、それではあまりにも大人げない。
ということで今回は3番手でお願いしました。

ただ、MKDがやっていた時間帯とそれほどお客さんの数は変わらないように感じました。
MKDが終わって帰った方もいたようです。



演奏の方はと言うと、、、
予想に反してと言っては失礼なんですが、歌も演奏も上手くて驚きました。

ある人から、学校祭でやった時の話を聞いていたので、正直そんなに期待はしておらず、とにかく
出てくれるだけでありがたいと思ってましたから、本当に予想外のとても良い内容でした。
何とか来年も出てもらいたいものです。

4.阿部卓馬

今回、この方もある意味で目玉的な存在です。
今年浦河町で行われたNHKのど自慢の本選に出場し、鐘を3つ鳴らした方ですから。


その時の曲「君のために作った歌」を含む、6曲を歌っていただきました。
やっぱりアコギ枠は必要ですね。
ただ、中学生が終わり若干帰られた人が多かったのは、予想していたこととはいえ残念です。

5.三石ベンチャーズ

いよいよトリです。
三石ベンチャーズはRED JACKET時代から一度もトリを取ったことがなかったので、今回こちら
からお願いして、一番最後の登場となりました。
今回はメンバーが一人減り、4人での出演となりました。

全てのプログラムが終了したのが8時30分をほんの少し過ぎたぐらい。ほぼ予定通りです。

今回も出演団体の写真が入ったプログラムを新聞折り込みチラシに入れてもらいました。
しかし、去年もそうでしたがそれほど劇的な効果は無かったように感じます。

今回はチラシの一部にQRコードを入れて、このサイトにアクセスして演奏曲目等を見れるように
したのですが、開演時間中にアクセスがあったのが35件程度。


まぁ、普段全く更新しないブログですし、平均的なアクセス回数は1日30〜50しかないので
(それだけアクセスがあるってのも逆に驚きなんですが)、この日のアクセス数125は多い方です。
(新聞のチラシに入れた日のアクセス数はまったく普段と変わらずでした。)
この試みは来年あたりもやってみようとは思いますが、何かもう一ひねりしないとダメかもしれません。

今回PA同好会のサウンドクリエイトからnomuさん含め4名の方にお手伝いをしていただきました。
終了後の慰労会の会場も同じだったので色々話を聞きたいこともあったのですが、お互い自己紹介を
した程度で終わってしまいました。
今後もお世話になることが多々あると思いますので、どうかよろしくお願いします。

最後にMKDメンバーの皆様。
今年は計3回のステージがあり、割と充実した活動が出来たと思います。
仕事のシフト等を変えてもらったり、忙しい中練習に来ていただいたり、色々ご迷惑をお掛けしたことも
多かったかと思います。

自分で言っちゃいますが、3回のステージどれをとっても、凄く良い内容だったと思います。
もう少しの工夫で、まだまだ良くなる要素もあると思います。
どうかこれからもよろしくお願いします。

一年間、大変お疲れさまでした!
カテゴリ:ステージ | comments(9) | trackbacks(0)
2015軽音楽祭 出演団体
出演順

17:30〜 開場
18:00 〜  MKD(三石軽音楽同好会)
18:30 〜  TASHIRO Garden's
19:00 〜 会長挨拶
19:10 〜  LOWRYS(三石中)
19:30 〜 阿部 卓馬
20:00 〜 三石ベンチャーズ
20:30      終演


予定曲目
 
MKD(三石軽音楽同好会)
Rolling Star(YUI)
My Sweet Darlin’(矢井田瞳)
楓(スピッツ)
木枯らしに抱かれて(小泉今日子)
何度でも(Dreams Come True)
夢見る少女じゃいられない(相川七瀬)


TASHIRO Garden’s

ミッションインポッシブルのテーマ
激しい雨が(THE MODS)
青空( THE BLUE HEARTS)
Have you ever seen the rain(creedence clearwater revival)
honky  tonk women(Rolling Stones)


LOWRYS(三石中)
少女S(SCANDAL)
DOLL(SCANDAL)
HARUKAZE(SCANDAL)

 
阿部 卓馬

もっと強くなりたい!
思い出すのは…
君のために作った歌
太陽の瞳
リプライ
STEP BY STEP


三石ベンチャーズ
カミン・ホーム・ベイビー
10番街の殺人
北の漁場
二人の銀座

朝日の当たる家
さすらいのギター
ダイヤモンドヘッド〜パイプライン
ワイプアウト
カテゴリ:ステージ | comments(1) | trackbacks(0)
2015軽音楽祭ポスター
軽音楽祭本番まで一ヶ月を切り、この時期いつも頭を悩ますのがポスターのデザイン。

今年のはちょっと地味ですが、オリジナリティーあふれるものが出来ました!

次回練習の際にお渡しできると思いますが、くれぐれも横にした状態で貼らないで下さいね。
 
軽音楽祭ポスター

安心してください!

パクってませんよ。
カテゴリ:ステージ | comments(1) | trackbacks(0)
Live in 宝島(浦河)
JUGEMテーマ:音楽
ライブ終了後しばらく経ってからのアップですみません。
話題を出すのがLINEFacebookに移行しているので、以前にも増してブログのほうは過疎って
います。
おそらくメンバーからのコメントは無いと思いますが、過去の曲目等の検索には重宝する部分も
あるので記録用として載せています。

蔵三でのRCライブに続く今年2回目のライブ、そしてMKD初の町外進出となった記念すべきライ
ブです!
8月8日、16:30〜、場所は浦河町の「宝島ホール」、浦河に長く住んでいる人からも「え?どこ
なの?」って聞かれるくらいレアな場所です。

一緒にやったバンドは去年軽音楽祭に出演してくれたnaonaoボーカルのCOREPRIDEと、もう
1バンドREVERSE。今回はホームであるCOREPRIDEの皆さんに仕切って頂きました。

COREPRIDEの皆さんには何かとご迷惑をおかけしましたが、イベントを仕切らなくて良いのは
気持ち的に楽ですねぇ。
ただ場所的には完全にアウェーだし、チケットもMKDでは10枚程度しか捌いていないので,
見ず知らずのお客さんがどんな反応をしてくれるのか、かなり心配でした。

1組目のバンドはCOREPRIDE
今回のイベントのホスト的存在でもあるし、立場的にはMKDがオープニングの方が自然な流れだ
とは思いますがベースの上埜君がラストのバンドと掛け持ちをしている関係でこうなりました。

さすがにホームということもあって、声援がすごいし何より各パート上級者揃いなので演奏も巧い!
曲は去年のSuperflyから一変して、椎名林檎の「本能」、「丸の内サディスティック」・・・
ああいうグルーブ感のある曲って、僕らにはちょっと敷居が高くて手が出せないです。

そして驚いたのはキーボードの五十嵐さんのドラム。凄過ぎて度肝抜かれました。

宝島

いよいよ僕らMKD
いやいやCOREPRIDEに負けず劣らずの大声援が嬉しかったです。
特にボーカルのYukariちゃんには「可愛い〜!」のひと際熱い声援が飛んでいたのですが・・・
かなりソルティーな対応でしたねぇ。

SET LIST
Rolling Star
シーソーゲーム
And I Love You

Butterfly
Let It Go
夢見る少女じゃいられない
 アンコール
負けないで


でも、こんなにノってくれるんだったらもうちょっと違った選曲でも良かったかもしれないです。
「フレンズ」、「ら・ら・ら」、「異邦人」、「あゝ無情」とか。
まぁ、それはまた次回にでもと言うことで。

そして最後のバンドREVERSE
盛り上がりは最高潮でした。なんだかんだで、ここのファンが一番多かったということだったんで
すね。

久々に大盛り上がりのステージで、ぜひまた来年もやりたいです!
カテゴリ:ステージ | comments(2) | trackbacks(0)
<< | 2/107PAGES | >>